大成建設 インタビュー3:なぜIE研修を探し、なぜJMAを選んだのか?社内の説得で苦労したことは?

大成建設株式会社 エンジニアリング本部 エンジニアリングソリューション室 奥薗 港人 様に、
「生産革新プロフェッショナルコース」受講の背景やご活用についてお伺いしました。

※2021年12月開講受講、IE士
※所属・役職は2022年6月10日当時のもの、以下敬称略

なぜIE研修を探し、なぜJMAを選んだのか?社内の説得で苦労したことは?

吉田
既に大学でIEを勉強され、現場経験もされている中で、「生産革新プロフェッショナルコース」には、どのようなきっかけで参加されたのでしょうか?

奥薗
きっかけは2つあります。
1つ目は、メーカー様の新工場計画のプロジェクトにあたり、メーカー様がどのような課題感を持って日々業務をされているのかを学びたいということ。
さらに、工場計画において必須となるIEに関して、大学で学んだことよりも、さらに実践的な内容を習得したい、知識をアップデートしたいという気持ちから受講を希望しました。
2つ目は、社内の生産革新プロジェクトを推進する上で、周りの巻き込み方や、プロジェクトマネジメントの方法の見識を深めたかったからです。
生産だけでなく、物流や調達など様々なことが関わってくるプロジェクトなので、この研修で学び、活かしていきたいと思い参加しました。

吉田
ということは、ご自身から受講したいと申し出られたのですか?

奥薗
はい、私自身が先程話した経緯でIE研修を探しており、「生産革新プロフェッショナルコース」を見つけ、志願しました。

吉田
一概には言えませんが、企業の悩みに、社員が受け身で与えられるものを待っているということを、よく伺いますが、奥薗さんの非常に積極的で、熱い気持ちのこもった行動に感銘を受けました。
研修に参加したいという意思表示をした時、上司の方の反応はいかがでしたか?

奥薗
新任の室長で、どんどんやって良いという方ではあったのですが、規模が大きい会社のため、初めての事柄への障壁はどうしてもあります。
そのため、受講する半年以上前から上司に相談し、何回か説得を重ね、受講する意義と、それ以上にやる気を伝えて参加につながった経緯があります。

吉田
素晴らしいですね。説得する際には、どのようなことを意識しましたか?

奥薗
受講した後、今担当している2つの業務に確実に活かしていくということと、自身を長い目線で見た時「今、受けておきたい」ということを伝えました。

吉田
業務で必要な、お客様目線をもっと高めたいといった思いやりと、ご自身の成長意欲を凄く感じます。
学ばせてくれるという懐の深い社風や上司の方、あと、もしかしたらタイミングもよかったのかも知れませんね。
IEの研修は沢山ありますが、当研修を選んだ理由を教えていただけますか?

奥薗
基礎的なIEの研修に加えて、生産だけではなく、調達、物流、開発を広く学べそうだと感じ、申込みました。

吉田
上司の方にテキストを見せた時は、どのような反応をされていましたか?

奥薗
「JMAの研修はやっぱりさすがだな」と言われました。

吉田・山本
ありがとうございます。

〜4/7 page〜

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る