IEとは

”日本能率協会が進めるIE研修は、世界のどこでも通じる基本的なものです”

IE(インダストリアルエンジニアリング)とは

IEとはインダストリアルエンジニアリング(Industrial Engineering、以下IE)の頭文字を取った略語で、「アイイー」と呼ばれています。

IEは、生産現場の動作研究を行う技術として生まれました。
人・材料・設備・エネルギー・情報の統合されたシステムを設計し、改善し、定着化するための基礎的な管理手法です。

IEでは、製造現場、製造工程での設計、改善、定着化を目指すなかで、“明示”・“評価”を行っていきます。
「製造現場はこのような生産性になります」
「このようなリードタイムで出来、このような品質になります」
ということをきちんと明示します。
明示すると、実際に出てきたものがそのとおりになっているかどうか評価できます。
その際、工学上の分析や設計原則と技法、数学、自然科学、社会科学などにおける専門知識や技法などを使います。

上述の内容から「限られた人だけが扱える手法」のように思われるかもしれません。
しかし、活用する知識・技法は、数学だけ、物理だけ、科学だけ、ではなく、何でも良いのです。
つまり、生産システムを対象に改善や定着化、評価をするために活用される、あらゆるものがIEと呼ばれます。

そう考えると、IEを活用していない会社はないはずです。
みなさんは特別に意識をしていないかもしれませんが、毎日IEに触れているのです。

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る