東京電力インタビューその1|電力会社にIEって必要なのですか?

2017年度生産革新プロフェッショナルコース受講者 東京電力ホールディングス 谷口 正洋様(経営企画ユニット グループ事業管理室 調達管理グループ 能力開発担当課長)に日本能率協会 松澤がインタビューしました。

電力会社にIEって必要なのですか?

tepco_01

松澤
本日はお時間をいただき、ありがとうございます。
まずは、谷口さんが現在携わっておられるお仕事について教えてください。

谷口
東京電力ホールディングスという会社で、傘下のカンパニー本社含め全体で250人くらいの調達部門の社員の研修・育成を担当しています。
東京電力グループとしてホールディングスのほかに、火力発電をするフュエル&パワー、送電や変電、配電を受け持つパワーグリッド、市販品を調達するビジネスソリューション、福島第一原発の廃炉を推進するカンパニーなどがあり、各カンパニーの本社に調達センターが存在しています。
東京電力グループの調達活動は、主に火力や原子力などの発電設備、送配電、変電の設備、お客さまに電気を届ける設備などの購入、メンテナンスの工事契約などです。
設計の委託などの調達もしています。
内容は、プラントから変圧器、電柱まで幅が広く、建物の建築工事、設備の基礎の土木工事なども調達します。
こういった仕事をしている人たちの研修の企画、実施をしています。

最近、業務の高度化にともない、研修の見直しを進めています。
その第一弾として 部長以下 全員に能率協会さんのCPP調達プロフェッショナル試験で 基礎知識を学んでもらっています。
その後の、専門スキルを勉強してもらう構想は、検討とトライアルを進めています。
現在は、この研修メニュー構想をつめており、社内講師も同時に育成予定の状況です。
IEも、専門メニュー構想のなかに入れており、自分も含めて講師を育成しなければと、考えています。

松澤
谷口さんのお名前は、部内で良くお伺いしていました。「調達をご担当されておられる方」というイメージが大変強く、今でも覚えているのが2017年の6月か7月でしたかね。「早期申込割引期間を延長して欲しかったら問合せしろ」といったような結構乱暴なメールマガジンを送って、それに谷口さんからお問い合わせをいただいたのですが、「IEの研修ですけど、違う研修に問合せしていませんか!?」とびっくりした記憶があります。

谷口
調達の試験のCPPの件で、松澤さんの部署の方に大変お世話になりましたので、悪い噂じゃないといいなあ(笑)。
IEは生産関係の方が主に受講されると思うので、調達からの問い合わせは変だと思われたでしょうかねえ?

電力会社は、電力を発電送電配電するための運転会社です。
設備の増強・取り換えや、メンテナンスは、おもに外注しており、増強するための製品や取り換えのための製品を取引先から購入しているので、取引先の製品原価を下げることで、減価償却費を下げることができ、使っていただいている電気料金をなるべく安く維持できます。

電力の取引先は、どんなところかと言いますと通信で使用電力量が測定でき遠隔操作できるスマートメーターや、遠隔操作できる開閉器など、技術が進んでいる分野では、一流電機メーカーと取引してますが、電柱周りの腕金や金具など昔ながらの中小企業も多いです。
取引先同士の競争で原価が下がる分野もありますが、すでに激しい競争のあとで、そこからは競争だけでは下がらない分野もあります。
そういう分野では、取引先と共同改善で、原価を改善する活動をしています。

特に中小企業だと、すでにカイゼンスキルに熟練した高齢者が引退しているので電力の調達マン=バイヤーがリードすることになってきています。
まずは、発注量の平準化を図るとか、品種を減らしてロットを増やすとか、電力側で可能ところから開始していますが、最近では、作り方や、作っている物自体の見直しも取引先と一緒になって実施しないと原価が下がらなくなってきました。

そのため、IEがバイヤーにも必要になってきています。

たしかに、メーカーさんが、自社工場の原価改善に取り組むためにIEに取り組むというのが直接的でわかりやすい。

取引先の製品の原価を下げるためにIEに取り組んでいるという電力会社の取り組み方は、わかりづらいかもしれませんね。

もう少し、電力産業の状況をお話ししましょう。

拡大している産業の場合は、新規のサプライヤーがどんどん参入してくるので、調達の人=バイヤーは仕事しやすいと思います。
電力産業もエジソンのころから原子力発電所ができるまでは、技術革新の進む速度はとても早かったのです。市場がどんどん伸びていたから、新しい会社がどんどん入ってきて、昔は競争もありました。ですが現在は、電気は皆が使ってくれるけれど効率よく使うようになったために、それほど総量は伸びなくなりました。電気を創るための設備も更新をしていないので、魅力的な売り先ではありません。取引先からすると、どんどん売れて設備をつくる自動車メーカーなら魅力的なわけです。

松澤
新規参入があまりなく、競争が生まれないということですね。

谷口
昔ほど調達するときの競争が激化しなくなりました。今は電気代をもっと下げてくれというような話もたくさんあるのですが、電気を送る設備を作る際に単にA社、B社、C社と選んで、いくらになりますか?と尋ねているだけでは設備の価格が下がらないのです。
そこでIEが登場するわけです。
講師の方々もおっしゃっていましたが、QCやIE、VEは、改善の手法で、三つともできなくてはいけないのですが、僕らが、そういうのをかいつまんで自分たちが使える話にする際に、やはりIEだなとなります。トヨタ改善が色んな会社に入っていますが、結局根本はIEなのです。

松澤
A社、B社に相見積もりをとって価格競争を起こすのではなくて、それぞれの作る工程に乗り込んで一緒にコスト改善をすることで、モノそのもののコストをそもそも下げようということですね。

谷口
その通りです。我々がその設備をつくるコストを下げられれば、結局減価償却費用も落とせるので、電気料金も安くできます。

〜1/4 page〜

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る