積水エンジニアリングインタビューその1|取り組みたかった人材育成のテーマとは?

2017年度生産革新プロフェッショナルコース受講者 積水エンジニアリング 尾崎様に日本能率協会 松澤がインタビューしました。

取り組みたかった人材育成のテーマとは?

松澤
本日は、2017年度生産革新プロフェッショナルコース受講者の、積水エンジニアリング 尾崎さんにお話をお伺いいたします。あらためてよろしくお願いします。
受講されたのが、一昨年度前になります。今日は、受講後に研修で学んだことをどのように活用されているかといった点を特に聞いてみたいと思いますが、まずは尾崎さんがこれまでに携わってこられたお仕事についてお話いただけますでしょうか。

尾崎
弊社はプラスチックの製造をしている企業です。
積水化学工業のポリエチレンで作った発泡体のシート製造に約20年、従事しました。そこは交代勤務の職場です。
それから日勤職場に異動して、25年間教育や人材育成、トラブル処理などの仕事をしてきました。環境や省エネの担当経験もあります。それらと兼務しながらQCの指導を4年間担当した後、現在はグループ会社の積水エンジニアリングへ出向しています。

当部署のミッションは、積水グループ各社のみならず関連するパートナー会社への生産性向上の支援をすることです。向上ツールとして品質管理(QC)、作業性改善(IE)、品質工学(QE)です。私は、グループ会社各社を訪問し、品質管理(QC)手法での生産事業所実践支援の教育を実施しています。
テーマとしては生産管理などです。

IEがテーマになってきますと、QCの品質管理の知識だけでは指導できません。
研修受講前は持っている知識だけで指導していましたが、それだとどうしても限界があります。
研修受講していろいろと教えてもらった結果、知識の幅がだいぶ広がりました。
おかげでいろいろな活動に対応できるようになりました。

松澤
ありがとうございます。
この研修では、研修開始前に受講者の上司の方に「受講者への期待」という書類を書いていただいております。その際に、尾崎さんのご上司の方から、「課題」としてお伺いしていた事柄がまさに今おっしゃっていたことでした。

『生産現場側からみると、どういう手法が適切なアプローチで問題/課題解決するかがポイントとなりますが、数多くの手法を俯瞰して適時適切な手法を提供できていないのが現状です。
今回、【生産革新プロフェッショナルコース】を受講習得することによって

  • 生産事業所/現場の問題課題を抽出発見する能力とプロセス
  • 抽出発見した課題を解決するアプローチを提示(プロジェクト化の提案含)
  • 課題達成を効率的にアプローチすることを選択
  • 選択した手法を実践指導支援/布教
  • 生産事業所に手法展開できる指導者を育成

上述のどの段階からでも関われ、どの段階まででも完結できるようになることを期待します。当該事業所から喜ばれるようになることを期待します。』

というお言葉をいただいております。
現在のご業務も、長くなってまいりました。
人材育成を進めるうえで、尾崎さんが取り組みたいテーマはありますか。

尾崎
私たちの代の工場見学は、トヨタ自動車の高岡工場へ見学に行きました。
その際に、説明と案内をしてくださった井上さんがおっしゃっていたことがトヨタ自動車の大野耐一元副社長の本に載っていることと同じでした。
トヨタの強みは2万人の改善マンがいることだといわれますよね。
うちにどれくらいいるだろうかと考えてみたところ、全然足元にも及ばないことを改めて痛感しました(笑)。
でも、うちに2万人の改善マンがいれば、トヨタみたいな企業になるのも夢ではありません。
そう考えて1人でも多くの改善マンを育てることが私の仕事ではないでしょうか。

〜1/6 page〜

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る