ダイトインタビューその1|工場におけるプライドの良し悪しとは?

ダイト株式会社 村中秀彰様(生産本部生産管理部 課長)にお話をお伺いいたしました。日本能率協会の平井希実がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

工場におけるプライドの良し悪しとは?

IMG_7035

平井
本日は、ダイト株式会社、生産本部生産管理部課長、村中秀彰さまに日本能率協会の平井がインタビュー致します。

それではまずはじめに、生産革新プロフェッショナルコースを受講していただいた経緯をおうかがいしてもよろしいでしょうか。

村中
『生産管理のあるべき姿を知っているべきだ』と考えていた上司のすすめです。
上司が、日本能率協会の生産革新プロフェッショナルコースを見つけて、最初は本人が行くことも考えていたようなのですが、本人が受講するか、もう少し年次が下の人間が受講するべきかを検討した結果、私が受講することになったようです。

工場で長く働いている人というのはどうしても新しい発想を持ちにくく、日常こなしていることが当たり前になってしまいがちです。
本当はそういう方が、他社の工場見学をして、『うちのやり方はこうでも、あの会社はもっと違うやり方をしていていい・・・』と、色々なことを見て、感じて考える機会が必要なのです。
ところが、自分も含めて工場で働く人というのは、自分の工場の悪いところがわかっていても、こういうところが他より優れているというプライドもあわせて持っているように感じています。
それがいい意味のプライドならばいいのですけれど、時には新しい意見を受けつけないということになりがちなのですね。

私の上司にしろ、私にしろ、配属になったときは今までの仕組みがよくわかりませんでした。
物を作っていることは知っていて、その機能もわかっていますが、『何故そんなやり方をしなければならないか、何故これができないのか』と自分自身がよくわからない感じで『何となく』進めてしまっていました。

私は、原薬の品質保証経験後、10年ほど製剤の営業を担当していました。今の上司も、研究開発の技術出身で、品質保証の時代にも一緒に仕事をしていた時期があります。
ただ,2人とも生産管理としての経験はありませんでした。上司も現状を何か変えたいと考えていました。
そんな中、生産管理のあるべき姿を知っているべきだという思いをもって、この研修に魅力を感じたようですよ。

平井
ありがとうございます。そのようなお言葉を頂けて事務局として光栄です。
現在従事されている、原薬の生産管理の仕事について、簡単に教えてください。

村中
私が主にやっているのは、原薬の全体的な長期の生産計画の立案です。
工場が需要に対して供給が追いつかない状況になっていて、営業と生産の量や順番の組み替えの調整をやっています。
ほかにも、原薬の生産における購入原料の課題とか、変更プロセスに関する問題とか、生産側の立場から会議体なり協議会に出なければいけない時は、自分がチームの代表として出席しています

〜1/9 page〜

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る