日立メタルプレシジョンインタビューその6|生産革新を実現するために必要なこととは?

2017年度受講者の日立金属出向 日立メタルプレシジョン 伊藤彰紀さん(改革推進室 技師)にお話をお伺いしました。日本能率協会の平井希実がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

生産革新を実現するために必要なこととは?

hmp06_img

平井
2017年度より、工場見学をプログラムに追加しています。優れたお取組みを実施している工場を見学させていただき、現地現物で学んでいただこうという趣旨のプログラムです。
伊藤さんには工場見学もご参加いただきました。10月にトヨタ自動車ご協力のもと、同社の高岡工場を見学しましたが、いかがでしたか?

伊藤
客観的にもかなり貴重な経験で、良いものを見させていただいたなと思います。
普段見学ルートになっていない第二ラインを見せていただきましたが、やはり見るのと聞くのとでは大違いで、驚きの連続でした。
生産革新を実現していくのは狭い視野ではやはりできないので、見学の後は視野が広がったなと思いましたし、その直前の講義もたしか、生産革新を実現するための視野拡大というテーマでしたので、良いタイミングだったなと思いました。

平井
工場見学後の講義でトヨタ生産方式や各種生産方式について少し触れて、本当にわずかではありましたが、振り返りも実施しました。能率協会で実施する工場見学会は通常、コンサルタントがコーディネータとして同行し、解説等を実施します。今回はコンサルタントの同行が無かったことが、事務局としては心苦しいところでした。そのため、2018年度は、当コース担当講師が同行予定です。

伊藤
解説は生技戦略室の井上様より、懇親会も含めて丁寧に説明頂いたので、十分だったと思ってます。他の工場を見たら、自分の会社ができていないところが目についたり、逆に自分のところでできている取り組みに自信がついたりと、いろんな感想を持たれると思いますが、懇親会も含めて直ぐに聞くことが出来る場は重要に思いました。繰り返しになりますが、視野拡大には非常に良いきっかけだなと思います。

平井
先ほど工場を見学させていただいた際にご説明いただいた、酪農業者の方々との異業種交流のお話に驚きましたが、社外の方との交流の機会は結構あるのですか?
また、社外の方との交流は、会社の方針として積極的に持っておられるのでしょうか。

伊藤
社外の方々との交流は意識的に持つようにしています。
ご縁がありまして、鳥取西部香取村の酪農農家(カトrich)さんと異業種交流しており、工場見学や弊社小グループの発表会に招待発表していただいています。
鋳造の工場と酪農農家という、全く異なる分野の交流ですので大きな発見があるのですが、
切欠は会社内の個人的なつながりから交流が広がったり、研修でご縁があった方に見学に来てもらったりと、いろいろなパターンがあります。
もちろん社内の審査を通った方をお呼びしますが、研修の参加者同士でお互いの工場を見ることができると、非常に面白いですね。

いろいろな方とつながりや縁があり、互いに見学し合っています。
島根県との関わりで弊社の総務に就職活動見学に来ていただいたり、個人的なつながりから交流が広がったり、私が出た研修で縁があった方に見学に来てもらったりと、いろいろなパターンがあります。
もちろん社内の審査を通った方をお呼びしますが、研修の参加者同士でお互いの工場を見ることができると、非常に面白いです。

平井
ぜひこの研修の参加者同士の工場見学などもしていただければと思います。

伊藤
島根の田舎ですが、工場見学していただきたいです。
演習で弊社の事例を紹介しましたが、現物を前に詳しく説明したいですね。

平井
皆さん、行きたいと仰ると思いますよ。
トヨタの工場見会の帰り道、伊藤さんと同じグループの方が「私たちのような仕事をしていると、ディズニーランドに行くよりこっちの方が楽しい」とおっしゃっていました。

伊藤
確かに(笑)。
次週のものづくり総合大会の際に実施予定の同窓会で声かけさせて頂こうと思います。
希望する方がいらしたら、ぜひ見学ツアーをしたいですね。

平井
ぜひお願いします。
事務局も是非伺いたいと思います。

〜6/9 page〜

生産革新プロフェッショナルコース お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る