第5,6単位事務局レポート

11月13日、14日に生産革新プロフェッショナルコースの第5、第6単位を実施いたしました。

第5単位:11月13日(月)のプログラムは以下の通りです。(講師は株式会社日本能率協会コンサルティングの角田賢司氏です。)
講義:構内物流改革、材料歩留り改革のアプローチ
   ・構内物流改革の二つのアプローチ・材料歩留り向上~歩留りの構造と改善ステップ~
   ・工程間移送・倉庫管理と現品管理・出荷業務設計・製造経費低減=コスト発生構造と改善手法~
演習:STEP2仮説設定
事前レクチャー・演習・グループ発表
※講義終了後、任意でグループ演習

今回の大きなテーマである「構内物流」の解説に入る前段として、コスト構成の解説をいたしました。
工場全体のコスト削減を実現するには、減らすべき原価がどこにあたるのか、性質や目的などをよく鑑みた上で施策を策定する必要があります。

損益分岐図表の読み方や、その特性(同じ利益率だとしても、変動費と固定費どちら多い方が良いのか等)について言及したうえで、構内物流が持つ役割や区分と機能、またその改革には2つのアプローチがあることを解説いたしました。

受講者の方々からは、
「物流に関しては普段、あまり意識することが無かったので良い機会になった」
「評価指標などサンプルを提供いただけたことは参考になり、良かった」
「今まで物流に着目していなかったが、今回の講義で重要性が理解できた」
「損益分岐図など、自分で勉強しただけではわかりづらかった点がよくわかった」
「物流のムダで今まで気になっていた部分、特に探すロスの削減が必要だと改めて感じました」
といった感想をいただいております。

また、第1回目の講義に続き、本日はグループ演習プログラムの時間もございました。
ここまでの講義で取り扱ったワークサンプリングや標準時間等の知識を実践的に活用していただくことを目的に、とある企業の組み立て工程を録画した映像を受講者の皆さんにご覧になっていただき、現場の生産性向上を実現するにあたっての問題点を抽出することによって、改善の方向性に関して仮説設定を行いました。

受講者の方からは、「仮説の設定手法を再認識することができた」
「自社での取り組みは薄く、今後の取り組みとして計画したい」
「ワークサンプリングにどうつなげていくか、仮説設定からの流れを理解することができた」といったお声をいただいております。
 

第6単位:11月14日(火)は、以下のようなプログラムにて実施いたしました。
 講義『IE基礎テクニック教育のポイント』
・IE概論
・IE基礎テクニックの考え方
・教材開発の進め方

第6単位の講師は株式会社日本能率協会コンサルティングの伊庭栄氏です。
午前中に簡単にIEの概論について解説をし、午後からはIE講師体験を実施いたしました。

第6単位は、このコースにて学んだことを自社に持ち帰り、社内に展開していただくために、模擬講義を体験していただきます。
自身のIEに関する知識の理解度の確認をすること、また受講者相互及び講師からのフィードバックを通して自身の弱みや強みについて改めて認識していただくことを目的としています。

当コースの第1単位講義の際に、受講者の皆様には「IEインストラクターマニュアル」をお渡ししております。
IEインストラクターマニュアルは、
『前章 IE概論/IE基礎テクニックの教え方①改善の基礎知識②稼働分析③工程分析④ライン作業分析⑤連合作業分析』といった構成です。
改善の基礎知識~連合作業分析までの5単位各3人グループで約30分~40分の時間で、プレゼンテーションを実施し、簡単に講師より一人ひとりにフィードバックを行いました。

「他の方の発表を聞き、客観的な評価をいただける機会もないので面談が楽しみだ」
「説明がわかりやすく、指摘も的確で勉強になった」
「講師となってのプレゼンは非常にプレッシャーになったが、皆さんのやり方を見て、どうやればうまく説明できるか勉強になった」
「きちんと勉強、発表する機会はなかなかないので、しっかり勉強する良い機会になった」
「中の事例や実用例がとても分かりやすく物流の視点のみでしか考えていなかった生産のレイアウトの話が安全面で勉強になった」といったお声をいただいております。

事務局:平井

生産革新プロフェッショナルコース お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る