日立ハイテクマニファクチャ&サービスインタビューその1|現在の業務の中での課題とは?

2015年受講者の日立ハイテクマニファクチャ&サービス 熊谷さん(生産技術部 生産システムグループ 技師)を訪問しました。日本能率協会の平井希実、勝田健太郎がインタビューします。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

現在の業務の中での課題とは?

hitachi-hs01

平井
まず、熊谷さんが現在担当されているお仕事について教えて下さい。

熊谷
生産技術部の生産システムグループに所属し、全社的に横串で生産システムを構築・改善することをやっています。

また一方では、個別に製造グループごとに適したシステムや、改善にも取り組んでいます。

平井
お仕事をされている中で、課題だと感じることは何かございますか?

熊谷
弊社では、いろいろなタイプの部品や、アッセンブリーというものを製造しています。

その現場ごとに適したものがあるでしょうし、また、会社全体で見た時には、統一されたシステムが必要だなとも考えています。

そこのトレードオフじゃないですけれども、どちらが今の自分たちには適しているのかという大きなところが定まっていないというのが問題でしょうかね。

平井
そうした課題と繋がるものがあって、このコースに興味を持っていただいたのでしょうか。

熊谷
今の課題とは直接繋がらないです。

平井
何か課題や困りごとがあって、参加を決めたということではなかったのですね。

熊谷
職場や製造現場の課題というよりは、私個人の技術、技量の問題がありました。

私は、以前は違う会社で、保守部品の生産管理を担当していました。

2012年に弊社に移り、生産技術部に配属され、2013年からは各職場に行き、現場と一緒にシステムや運用の改善をするという仕事を担当しています。

そうした時に、自分のスキルの棚卸をやってみたところ、現場の現状をきちんと把握するためのスキルと改善を行うための経験が明らかに不足していると気付きました。

要は自分自身、短期間で多くの経験を積みたいという思いがありましたね。

平井
実際に参加されて、参加前のイメージとのギャップなどはありましたか。

熊谷
得られる知識についてです。

製造現場や改善活動について広範囲に渡って学ぶのだろうとイメージしていましたが、原価や経理的改善視点、調達部門の改善活動、インダストリー4.0やIoTといった最新技術の知識など想像以上に幅広い知識を得られました。

〜1/5 page〜

生産革新プロフェッショナルコース お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る